image02
nav-ichinose
nav-abe
nav-rikuta
nav-matsuoka

阿部 孝人 Yoshito Abe

長谷川ホールディングス 社長室システム担当 係長

納得できる明確な戦略があり、それに基づいた仕事ができる環境が整っています。

05-01

Q.入社の志望理由は?

私が応募した時期は、経営企画室・戦略部門・マーケティング部門が設置された頃で、今後は明確な経営戦略で事業を拡大するという強い意思を感じました。明確な経営ビジョンのある会社で働きたいと考えていましたし、家族とくらしをサポートする事業を社会に送り出すため、IT面からのアプローチで少しでも貢献したいと考え、入社を決意しました。

Q.現在の仕事内容を教えてください。

システム開発プロジェクトに従事しています。開発自体は協力会社様に委託していますが、現場から様々な問題点をヒヤリングし、これを取りまとめ、現在は要件を達成するための策を練っている段階です。他にも、新しい技術の調査を行い、現場(お客様・加盟店オーナー様・本部や施設のスタッフ)に喜ばれるシステムを提供できるか検証し、これを導入することもありますね。

Q.これまでの仕事で、達成したこと、苦労したエピソードについて教えてください。

ERPの導入案件で、各事業部との販売・会計データ連携システムを担当しました。以前は数日掛かった経理作業が、30分で完了できたと聞いたときは嬉しかったですね。苦労したのは、社員数が多く、顔と名前を覚えるのが大変だったことです。ただ、その分色々な人の話が聞けるので、勉強になることも多いですし、楽しいですよ。

Q.今の仕事をして良かったことは?

顧客本位のシステム構築に携われる点です。納得できる明確な戦略があり、それに基づいた仕事ができる環境が整っています。決して、自分や自社の都合で仕様が決定されるようなことはありませんね。ここでは、部分最適ではなく、全体最適を目標とする仕事ができます。また、現場の方が快く協力していただけるので、仕事がしやすいですね。

05-02
05-03

Q.仕事後やオフの過ごし方は?

職場では経営情報も耳にするので、ビジネス書・社会派小説など、本をよく読むよう心掛けています。また、不定期で開催される任意参加のビジネス談話も楽しんでますね。家庭では育児を手伝いますが、将来的には両親の介護も必要になるかもしれません。そう考えると、自社の事業が家族とくらしを支えるサービスであることを実感します。

Q.今後の目標について教えてください。

時代はパソコンからタブレットに移りつつあります。大半の方が銀行のATMを操作できるように、タッチパネル操作はユーザに優しいインターフェースです。これを活用し、これまで改善できなかった業務にも足を踏み入れたいと思います。将来的には、IT面から経営戦略を支える仕事もしたいですね。そのために、データサイエンティストの知識なども学んでいきたいと感じています。

Q.これから入社を希望される方へメッセージお願いします。

社会貢献度の高い事業を展開しておりますので、顧客のために仕事をするという信念を持つことが重要だと思います。弊社は、今後も事業を拡大していく方針ですので、志を共にするたくさんの仲間を必要としています。家族とくらしを支えるサービスを提供し続け、更にサービスの質を向上させるため、是非あなたの力を貸していただけませんか。

05-04
image02
nav-ichinose
nav-abe
nav-rikuta
nav-matsuoka